アイキャッチ画像

サイトやブログにおいて、何らかの重要性を示したいときや、他の文章と区別したいときに、テキストを太字にすることがあります。

今回は、「サイト内のテキストを太字にする方法」について、HTMLタグにおけるやり方と、CSSにおけるやり方をそれぞれ解説していきます。

HTMLタグにおけるやり方

HTMLタグでテキストを太字にする方法は、以下の2通りです。

  • strongタグで太字にする
  • bタグで太字にする

strongタグ

strongタグは、文章内のテキストのうち、最も重要性を示している部分を表すタグとなります。

<h1>熱帯魚の飼育の基本</h1>
<ul>
<li><strong>毎日、1日2回エサを与えること</strong></li>
<li>2週間に1回、水換えを行うこと</li>
<li>常に、温度管理をしっかりしておくこと</li>
</ul>

ブラウザでは以下のように表示されます。

HTML strongタグの使い方

bタグ

bタグとは、重要性ではないものの、他の文章と区切りをつけるために使われるタグのことです。

<b>メダカにエサを与える時の注意点</b>
<p>ここでは、メダカにエサを与える時の注意点について解説していきます。</p>

ブラウザでは以下のように表示されます。

HTML bタグの使い方

CSSにおけるやり方

CSSでテキストを太字にしたい場合は、font-weightプロパティを使って、テキストを太字にしていきます。

font-weightプロパティで指定できる値

  • 数値・・・文字の太さを調整できる
  • normal・・・デフォルト
  • bold・・・文字を太字にする
  • lighter
  • bolder

サンプルコード

HTML

<h1>メダカにエサを与える時の注意点</h1>
<p>ここでは、<span class="text">メダカにエサを与える時の注意点</span>について解説していきます。</p>

CSS

.text{font-weight: bold;}

ブラウザでは以下のように表示されます。

CSS font-weightプロパティの使い方

まとめ

HTMLの場合

  • テキストに重要性を示したい場合は、strongタグを使う
  • 他の文章と区切る場合は、bタグを使う

CSSの場合

  • font-weightプロパティで指定する

というわけで、今回は「サイト内のテキストを太字にする方法」について、HTMLタグにおけるやり方と、CSSにおけるやり方をそれぞれ解説しました。

HTMLタグの場合、strongタグとbタグはそれぞれ重要性があるかどうかの違いがありますので、どちらのタグを使うかどうかは自分で判断した方が良いと思います。

出典

小川裕子・加藤善規&できるシリーズ編集部『できるポケット HTML5&CSS3/2.1全事典』(インプレス)

strongタグとは?HTML「bタグ」との違いからSEO効果まで解説!|SEOラボ

スポンサーリンク