アイキャッチ画像

この記事では、人気の「フレームレス水槽」について、特徴やメリットデメリット、使用時のポイントなどを解説していきます。

フレームレス水槽とは

グッピーの飼育に使っている45cmフレームレス水槽

水槽にフレーム(上下に補強目的の黒の縁取り)がないオールガラス製の水槽です。全面の角が曲げ加工されているものと、平面の2種類があります。曲げガラス加工は平面ガラスに比べてコストが高くなります。

フレームレス水槽は、基本的に60㎝以下の小型水槽向けです。

フレームレス水槽のメリット・デメリット

フレームレス水槽のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 視界をさえぎる枠がなく、インテリア性の高い水槽です
  • いろいろなサイズが豊富にあります
  • いろいろな形状のバリエーションが豊富にあります

デメリット

  • フレームのある水槽より強度が弱い
  • フレームがないため、ぶつけたときに破損しやすい
  • フレームのある水槽に比べて値段が高い
  • フレームがないため上部式フィルターを使えない

フレーム水槽を使用するときの注意点

フレームレス水槽は底面もガラスで作られているから水槽を置く場所は水平で凸凹がない場所に設置します。底面の保護用に水槽用マットを引く必要があります。

水槽の寿命について

グッピー水槽

水槽の寿命ですが、はっきりとした年数は特にないようです。

メンテナンス時にコケを取ったりするときも、シリコン部分を傷つけないように気をつける必要があります。シリコン部分を特に気をつけていれば、寿命は伸びます。

シリコンに傷がついたときは補修をすれば延命することも可能です。

我が家のグッピーの飼育に使用している60㎝水槽はGEX製フレームレス水槽で10年、45㎝水槽はアクアシステム製フレームレス水槽で10年を超えて使用しています。

突然水漏れしたり割れたりすることは、ほとんどありません。

まとめ

フレームレス水槽は、通常のガラス水槽と比べて初期費用が高く、また壊れやすいですが、サイズや形などの様々なバリエーションが高く、インテリア水槽として適しています。

フレームレス水槽にもそれぞれ一長一短がありますので、今回の記事が参考になればと思います。(^_^)

スポンサーリンク