グッピー

グッピーの飼育「外掛け式フィルターのメンテナンス」

アイキャッチ画像

今回はグッピー水槽における「外掛け式フィルターのメンテナンス」についてご紹介します。

みきてぃ東西線

これからグッピーを飼いたいという方は、以下の記事を読んでね!

外掛け式フィルターとは?

外掛け式フィルターの使用イメージ

外掛け式フィルターとは、水槽のフチにろ過フィルター本体を引っ掛けて使用するタイプのフィルターです。水槽の外に掛けたろ過装置に、水槽から水を吸い上げ、ろ過した水を水槽内に戻します。

スポンサーリンク

外掛け式フィルターのメリット・デメリット

次に、「外掛け式フィルターのメリット・デメリット」について、解説していきます。

メリット

  • 設置が簡単
  • コンパクトなので設置場所を取らない
  • 音は静か
  • メンテナンスが簡単
  • 水槽内がすっきりする

設置が簡単

水槽の上部にろ過装置を引っ掛けるだけなので、初心者でも簡単に設置することができます。

コンパクトなので設置場所を取らない

外部式フィルターのようにフィルターを置く場所を確保する必要が無いため、コンパクトに設置できます。

音は静か

水の落ちる音やモーターの音はしますが、小型水槽向けのフィルターの中で一番音が静かです。

メンテナンスが簡単

専用カートリッジを差し替えるだけですので、メンテナンスが簡単に行えます。

水槽内がすっきりする

スポンジ式フィルターや投げ込み式フィルターは、本体が水槽内で目立ってしまいますが、外掛け式フィルターは水を吸い上げる部分だけが水槽内にあるため、水槽の中がすっきりと見えます。なお、モータータイプについては、水槽内にモーターが入ります。

デメリット

  • ろ過能力が少ない
  • ランニングコストがかかる

ろ過能力が少ない

一般的にはろ過能力が少ないので、小型水槽向きです。ただし、メーカーによっては60cm水槽まで対応しているタイプもあります。

ランニングコストがかかる

外掛け式フィルターで使用するろ過材は消耗品であるため、交換時にメーカーが販売している新しい純正ろ過材と交換しなければならないため、それによる費用もかかります。

我が家で使用した外掛け式フィルター

我が家では、数年前までグッピーの稚魚用水槽にGEX『スリム外掛け式フィルター』を使用していました。ここでは、我が家での「外掛け式フィルターのメンテナンス」について、簡単に解説していきます。

外掛け式フィルターのメンテナンス

GEX『スリム外掛け式フィルター』は、「スリムマット」という純正のカートリッジ式フィルターを使用します。カートリッジ式フィルターは、活性炭タイプとバクテリアタイプなどがありますが、基本的には2週間程度での交換が推奨されています。

外掛け式フィルターの交換用ろ材

我が家の場合、汚れているからと言って、すぐにこの「スリムマット」を交換しません。飼育水で軽くすすぎ洗いをして、再利用しています。それでも数回繰り返すと、洗っても「スリムマット」が目詰まりを起こすため、定期的な交換は避けられません。(^_^;)

また、マットの費用が掛かりますので、バクテリアタイプを再利用できる純正スポンジスリムマットにして、ランニングコストを抑えることができました。

また、吸い込み口の黒いストレーナスポンジについては、1週間に1度程度、飼育水で軽くすすぎ洗いをしています。マット交換とストレーナスポンジの洗浄は、バクテリアが急激に減るので同時には行いません。

外掛け式フィルターの改造

ランニングコスト削減やメンテナンス時のバクテリアを減らさないために、純正マットではなく簡単な改造をしてセラミックろ過材などを使用している人もいます。ろ過槽の大きさや付属する機能などで、自分の水槽に合ったものを選んで購入すると良いでしょう。

新しいスリムマットに交換してしまうと、せっかくのバクテリアを捨ててしまうことになります。すぐに交換しないで飼育水で軽くすすぎ洗いをします。

また、水道水でそのまま洗うとバクテリアが減ってしまいますので、必ずカルキ抜きした水か、飼育水を使って洗いましょう。

まとめ

というわけで、今回は「グッピー水槽における、外掛け式フィルターのメンテナンス」について書いていきました。

我が家では、外掛け式フィルターは小型水槽向けのため、グッピーの稚魚用として使っていました。現在では水槽を2本に減らしていることから、稚魚用水槽は休止状態となっています。

適正なメンテナンスをすることにより、水槽内の環境が改善され、グッピーの寿命を延ばすことができます。今回の方法が参考になればと思います。m(_ _)m

ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。
おすすめ記事