桜だけじゃない!白いあじさい「アナベル」の絶景!権現堂公園

6月の花でお馴染みのアジサイ。梅雨時期には町のあちこちでアジサイが咲く姿が見られますね。

というわけで、今回は「権現堂公園のアジサイ」について紹介していきます。

権現堂はアジサイも有名で特に白いあじさい「アナベル」の絶景です。

※2022年6月5日更新しました。

2022年の紫陽花(あじさい)開花状況は?

権現堂のあじさいの例年の見頃は6月上旬~7月上旬です。 開花情報については、県営権現堂公園公式サイトで確認できます。

権現堂公園とは?

権現堂公園
2019年6月16日撮影。

権現堂公園とは、埼玉・幸手にある県営の公園です。この公園には多くの桜が植えられており、毎年4月頃に開催される「桜まつり」は沢山の人で賑わいます。

また、定番の桜の他、アジサイや彼岸花など、多くの花が咲き乱れる人気スポットでもあります。

住所埼玉県幸手市内国府間887-3
入場料無料
電車でのアクセス東武日光線幸手駅より 朝日バス「五霞町役場」行きバスに乗車。「権現堂」下車。バスの本数が1時間に1本程度。
東武日光線幸手駅より徒歩 約30分~40分(約2km)
車でのアクセス東北自動車道 「幸手IC」から4.4km「久喜IC」から10km
カーナビ設定は「幸手市北公民館」。(権現堂公園の隣)
北公民館の反対側が権現堂公園及び駐車場となります。

「幸手市北公民館」埼玉県幸手市大字内国府間(うちごうま)867番地
TEL. 0480-42-6221

おすすめの時間帯は、人込みを避けられる朝一番です。駐車場が8時30分オープンですので、その時間に合わせて行くと良いでしょう。

権現堂公園のアジサイ達

権現堂公園 アジサイ
2019年6月16日撮影。

6月に入ると、公園内に植えられているアジサイが次々と咲き始めます。この時期と同時に「あじさい祭」が開催され、多くの人がアジサイを見て楽しみます。
6月下旬頃になるとアジサイはほぼ満開の状態に入り、この時期には多くの人々がアジサイを求めて公園に訪れます。

権現堂公園 アジサイ
2019年6月16日撮影。
権現堂公園 アジサイ
2019年6月16日撮影。

ちなみに、私が見たアジサイの中で一番気に入ったのが「白いアジサイ」です。

アジサイといえば青やピンクなどの色をイメージすることが多いですが、私の場合、白色のアジサイは純白で美しい感じがした、と思ったからです。

▼アジサイに似た「オオデマリ」

権現堂公園 アジサイ
2019年6月16日撮影。

▼小さな白い花がボールのように咲き乱れる「アナベル」

権現堂公園 アジサイ
2019年6月16日撮影。

「アナベル」とは

北アメリカ原産の「アナベル」という白い花を咲かせる、アジサイの一種です。

一般的な紫陽花の花は、土壌によって花の色が変わってきますが、アナベルはどのような場所でも白い花を咲かせます。

花言葉は「ひたむきな愛」です。

下の画像は2021年6月20日に撮影した白いアジサイの群生です。

権現堂公園の白いアジサイ

ちょうど白いアジサイが見頃を迎えていましたよ♪(*´▽`*)

権現堂公園の白いアジサイ

下の画像の白い花も、アジサイっぽく感じられました(笑)

権現堂公園 アジサイのような花
2019年6月16日撮影。

まとめ

というわけで、今回は「権現堂公園のあじさい祭」とをご紹介しました。権現堂公園に植えられている多くのアジサイを見て、どのアジサイもきれいで美しく咲き乱れていた、と感じられました。

ぜひ、綺麗なアジサイを自分の目で見て楽しんでくださいね。(*^_^*)

スポンサーリンク