和を楽しめる庭園「染谷花しょうぶ園」

今回は、さいたま市内で花菖蒲が楽しめる「染谷花しょうぶ園」をご紹介いたします。

染谷花しょうぶ園とは

染谷花しょうぶ園とは、1983年(昭和58年)に開業した、花菖蒲が楽しめる庭園です。

園内に300種約2万株の花菖蒲が植えられており、毎年6月の1か月だけのオープンとなります。

アクセス

JR「大宮駅」東口より国際興業バス7番乗り場から「浦和美園駅行」「浦和学院高校行」「さいたま東営業所行」のいずれかに乗車、「染谷新道」で下車し、徒歩で約10分です。

▼「染谷新道」で下車

「染谷新道」バス停

▼「片柳コミュニティセンター入口」の交差点を左に曲がります。

「片柳コミュニティセンター入口」交差点

▼「染谷花しょうぶ園」の看板を右に曲がります。

「染谷花しょうぶ園」へのルート

▼駐車場。染谷花しょうぶ園から東に50mほど進んだところにあります。

駐車台数は40台ですので、見頃は混雑します。

染谷花しょうぶ園駐車場

花しょうぶ園を楽しんできました

▼こちらが入口です。

染谷花しょうぶ園付近にて

「染谷新道」のバス停から徒歩約10分で着きます。

大人(中学生以上)500円
子供(小学生)200円
染谷花しょうぶ園の入場料

▼染谷、花しょうぶ園とは

「地名"染谷"と花しょうぶ園」看板

▼「染谷花しょうぶ園」の由来

「染谷花しょうぶ園」の由来

▼入ると右側に厠(トイレ)があります。

染谷花しょうぶ園内にて。

▼茶室「紫染庵」。会津藩の茶室を再現したものとなっています。

染谷花しょうぶ園内にある茶室「紫染庵」

▼園内中央付近の見晴らし台から、全体を眺めることもできます。

染谷花しょうぶ園内にある花菖蒲

▼花しょうぶの中に建つ東屋

染谷花しょうぶ園内にある花菖蒲と東屋

▼敷地の中央には、木道があります。

染谷花しょうぶ園内にある花菖蒲。中央に木道があります

▼花しょうぶ園の1年間

染谷花しょうぶ園の1年間

花菖蒲の足元にはネームカードがついていますので、名前を確認しながら撮影できます。

▼日月

花菖蒲・日月

▼扇の的

花菖蒲・扇の的

▼海風

花菖蒲・海風

▼花しょうぶのほかに、白いアジサイ(アナベル)も見頃でした。

染谷花しょうぶ園内の白アジサイ(アナベル)

まとめ

和が感じられる「染谷花しょうぶ園」で、園内には静かな和風の音楽が流れ癒やされました。

菖蒲のまわりに植えてあるアジサイも見頃をむかえていました。

残念ながら園内の甘味処はコロナ対策のため休止中、園内飲食禁止となっていました。

スポンサーリンク