アイキャッチ画像

夏といえば、海や山へ楽しむのはもちろんですが、「この夏には、滝でも見て涼しく感じたい」と思う方もいるかもしれません。

というわけで、今回は「青春18きっぷで、夏の『吹割の滝』へ!」というテーマで書いていこうと思います。

吹割の滝とは?

吹割の滝

吹割の滝とは、群馬県沼田市にある天然記念物の滝で、別名「東洋のナイアガラ」と呼ばれています。この滝は上流から流れる片品川の清流が岩の軟らかい部分に侵食した結果、多数の割れ目ができ、まるで大きな岩を吹き割れたように見える、ということが「吹割の滝」の由来となっています。

参考文献
沼田市役所利根支所・利根町観光協会『日本の滝百選 吹割の滝』パンフレット

吹割の滝までのアクセス

JR上越線・沼田駅沼田駅からバスで40分、「吹割の滝」バス停から徒歩5分で「吹割の滝」に着きます。

吹割の滝をお得にハイキング!

次に、吹割の滝をお得に節約する方法を書いていきます。今回は、『青春18きっぷ』と、「沼田市周遊1日フリー乗車券」を使って、往復運賃を節約しました。

上野~沼田間の鉄道の往復運賃を節約!

まず、上野から沼田までかかる往復運賃について書いていきます。

通常、上野~沼田間の往復運賃は5,180円です。これだけ長く乗っていれば、時間も料金もかかるってことですね。

青春18きっぷ

そこで、JRの普通路線が乗り放題の『青春18きっぷ』を活用して運賃を節約してみました。

青春18きっぷを使って上野~沼田間を往復した場合、1回分あたり2,370円。

つまり、普通の切符やICカードで往復した場合と比べて、2,810円お得になります!

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

『青春18きっぷ』については、以下の記事を読んでね!

沼田~吹割の滝間のバスの往復運賃を節約!

次に、沼田~吹割の滝間でかかるバスの往復運賃について書いていきます。

関越バスで沼田~吹割の滝の間を往復すると2,500円かかります。これも結構高いですね。

沼田市周遊1日フリー乗車券

そこで、「沼田市周遊1日フリー乗車券(1650円)」を使って往復した場合、フリー乗車券無しで往復した場合と比べて850円お得になります!

注意点

「沼田市周遊1日フリー乗車券」は、バス車内では発売していません。沼田駅近くの『ヤマザキYショップ想いで』にて購入しましょう。

合計で何円お得になった?

  • 『青春18きっぷ』で上野~沼田間を往復:通常料金より2810円お得
  • 「沼田市周遊1日フフリー乗車券」で沼田~吹割の滝間を往復:整理券で普通に乗車した場合と比べて850円お得
  • 総額料金3,660円お得

※2019年8月時点

つまり、普通に行った場合と比べて、3660円もお得になるってことです!浮いたお金で、昼食やお土産が買えるのも嬉しいものです。

「吹割の滝」のルート

最後に、吹割の滝のルートについて、簡単に書いていきます。

吹割の滝

「吹割の滝」バス停から降りて4分ほど歩くと、勢いの良い滝が姿を現します。

吹割の滝

そこから遊歩道に沿って歩くと・・・。

吹割の滝と浮島橋

迫力のある「吹割の滝」が見えてきます。

浮島橋

さらに遊歩道を少し歩くと、浮島橋が見えてきます。

浮島橋からは、遠くから「吹割の滝」を眺めることができます。

吹割の滝(浮島橋から)
↑画像をクリックで拡大

1つ目の浮島橋を渡り切ると、「浮島観音堂」が見えてきます。

浮島観世音

そこからさらに、2つめの浮島橋を渡り、反対側の遊歩道へと向かいます。

吹割の滝(展望台から)
↑画像をクリックで拡大

第1観瀑台からは、迫力のある「吹割の滝」を上から眺めることができますよ!

まとめ

というわけで、今回は「青春18きっぷで、夏の『吹割の滝』へ!」を書いていきました。暑い夏でもマイナスイオンが広がる「吹割の滝」は、まさに涼しいと感じられました!

今回の「吹割の滝」のように、『青春18きっぷ』を使って運賃を節約して、お得にハイキングを楽しんでみてはいかがですか?

スポンサーリンク