アイキャッチ画像

WordPressでは、投稿の他に固定ページがあります。投稿では、基本的にブログコンテンツを作るページであるのに対し、固定ページは運営者のプロフィールやプライバシーポリシーなど、1ページで完結する内容であることを指します。

投稿と固定ページの違い

 メリットデメリット
投稿
  • カテゴリやタグの一覧から閲覧できる
  • カテゴリやタグの設定ができる
  • 時系列で記事を読むことができる
  • カスタム投稿タイプを作ることができる
  • 固定ページごとにテンプレートを設定できる
  • 固定ページ同士で親子関係を作ることができる
固定ページ
  • 投稿はテンプレートが1つで固定される(つまり、ページごとにテンプレートを設定することはできない)
  • 投稿ページ同士で親子関係にすることはできない
  • カテゴリやタグの設定ができない
  • デフォルトでは記事一覧に表示できない
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

では、次の項目から「投稿」と「固定ページ」の違いについて、もう少し詳しく解説していくよ~。

投稿とは

投稿とは、ブログコンテンツを作るページのことを指します。

WordPress 投稿ページ
▲ブログのトップページの新着記事。

ブログのトップページの新着記事で表示するなど、時系列を持った記事などでよく使われます。

WordPress 投稿ページ
▲投稿で作った記事。主にブログの記事などで使われる。

投稿は、主に以下のページで使われます。

  • 日記の記事
  • ニュース
  • コラム
  • 商品の紹介

メリット

  • カテゴリやタグの一覧から閲覧できる
  • カテゴリやタグの設定ができる
  • 時系列で記事を読むことができる
  • カスタム投稿タイプを作ることができる

デメリット

  • 投稿はテンプレートが1つで固定される(つまり、ページごとにテンプレートを設定することはできない)
  • 投稿ページ同士で親子関係にすることはできない

固定ページとは

固定ページとは、1ページだけで完結する内容を書いたページの事を指します。

WordPress 固定ページ
▲固定ページで作成したプロフィールページ。

固定ページでは、カテゴリやタグの設定はできませんが、ホームページの作成などで使われます。

固定ページは、主に以下のページで使われます。

  • 運営者のプロフィール
  • プライバシーポリシー
  • 免責事項
  • 特定商取引法に基づく表記
  • お問い合わせフォーム

メリット

  • 固定ページごとにテンプレートを設定できる
  • 固定ページ同士で親子関係を作ることができる

デメリット

  • カテゴリやタグの設定ができない
  • デフォルトでは記事一覧に表示できない

まとめ

今回は、WordPressにおける投稿と固定ページの違いについて解説しました。

投稿:ブログコンテンツを作るページ

固定ページ:1ページだけで完結する内容のあるページ

初めてWordPressに触れる方は、投稿と固定ページで混乱するかもしれませんが、1つひとつ覚えていけば、それぞれの違いがはっきりとしますので、少しずつ学んでいきましょう。

スポンサーリンク