当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

当ブログ内の記事を探す

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

RSS

プロフィール

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

【PC】今更聞けない「32ビット版/64ビット版」の違い

アイキャッチ画像
みきてぃ東西線
口コミ用キャラクターアイコン

OSの32ビット版と64ビット版の違いは何なの?

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

32ビットOSと64ビットOSには、それぞれ使用できるメモリやストレージ容量、対応ドライバーなどに違いがあるよ!

今回は、「今更聞けない『32ビット版/64ビット版』の違い」について解説していきます。

ビット(bit)とは?

32ビット版/64ビット版で使われる「ビット(bit)」とは、パソコンやスマートフォンなどで使われるコンピュータのデータにおける最小単位のことを表します。

32ビット版/64ビット版の違い

32ビット版と64ビット版は、それぞれ「利用できるメモリ量の違い」などがあります。

使用できるメモリストレージ容量ドライバーソフトウェア
32ビット版最大4GBまで最大2TBまで32ビット版ドライバーのみ対応32ビット版ソフトのみ対応
64ビット版最大2TBまで2TB以上利用できる64ビット版ドライバーのみ対応32ビット/64ビット両方対応

32ビット版のOSは、規格上の理由(いわゆる「容量の壁」)などから使用できるメモリが最大4GB、ハードディスク(以下、HDD)やSSDなどのストレージ容量も最大2TBまでしか使用できません。

これに対して、64ビット版のOSは、4GB以上のメモリ量や、2TB以上のストレージ容量を持つHDDやSSDが使用できます。

また、パソコン上にインストールできるドライバーも、32ビット版OSは32ビット版ドライバー、64ビット版OSは64ビット版ドライバーでしか使用できない、といった違いもあります。

パソコンのソフトウェアについては、64ビット版OSは32ビット版、64ビット版のどちらでも動作します。しかし、32ビット版OSでは64ビット版のソフトウェアは対応していません。

補足:容量の壁とは

パソコンのBIOS、およびOSのバージョンにおける規格上の仕様により、一定以上のメモリやストレージ容量が認識されない状態であることを、「容量の壁」と呼ばれます。

現在のPCのOSは64ビット版のものが基本

動画配信サービスの普及やオンラインゲームの実況、画像・動画編集などで、より性能の高いパソコンを買い替える方も増えています。

そのためか、現在お店で販売しているパソコンに入っているOSは64ビット版のものが多いです。

しかし、インターネット上で配布されているデバイスドライバーの中には、32ビット版しか対応していないものもあります。

お使いのPCが32ビット版か64ビット版を調べる方法は?

お使いのパソコンのOSが32ビット版のものか、64ビット版のものかについて解説します。

Windows

「バージョン情報」(または「詳細情報」)画面内にある「システムの種類」にて、自分のパソコンのOSが32ビット版、または64ビット版であるかどうか確認することができます。

Windows11 設定アプリ バージョン情報画面
32ビット オペレーティング システム32ビット版OSのこと
64ビット オペレーティング システム64ビット版OSのこと

Windowsにおける32ビット版OSは、Windows10が最後となっています。

Windows11は64ビット版のみの対応となっています。

Windows11

Windows11における手順は、以下の通りです。

  1. 「スタート」を右クリックし、「設定」をクリックします。
  2. 「システム」画面が表示されたら、一番下までスクロールした後「バージョン情報」をクリックします。
  3. 「デバイスの仕様」項目の「システムの種類」を確認します。

Windows10

Windows10における手順は、以下の通りです。

  1. 「スタート」を右クリックし、「設定」をクリックします。
  2. 「設定」画面が表示されたら、「システム」をクリックします。
  3. 「詳細情報」をクリックします。
  4. 「デバイスの仕様」項目の「システムの種類」を確認します。

macOS

macOSにて、32ビット版アプリケーションをサポートしているOSバージョンは「macOS Mojave」までとなっています。

「macOS Catalina」以降のバージョンは、64ビット版アプリケーションのみサポートしています。

なお、お使いのMacパソコンのOSバージョンを調べる方法については、Appleの公式サポートページにて確認できます。

≫Appleサポート「Mac に搭載されている macOS を調べる」(外部サイト)

32ビット版OSを64ビット版OSにアップグレードできる?

パソコンのマザーボードやCPUなどの部品が64ビットに対応していれば、基本的には32ビット版OSから64ビット版OSにアップグレードできます。

ただし、32ビット版OSから64ビット版OSにアップグレードする方法は、

  • パソコンをクリーンインストールしてから、64ビット版OSを新規インストールする
  • 専用の移行ソフトウェアを使用して32ビット版OSから64ビット版OSにアップグレードする

以上2つのみとなります。

また、古いパソコンでは64ビットに対応してもマザーボードやCPUが64ビットに対応していない場合もあります。

さらに、デバイスのドライバーによっては64ビットに対応していない場合もあるため、仮に32ビット版OSから64ビット版OSにアップグレードできたとしても、ドライバーなどが64ビットに対応していないのが原因でOSが起動できなくなるエラーが起きることもあります。

お使いのパソコンを32ビット版OSから64ビット版OSにアップグレードする際は、OSが正常に起動しなくなるリスクもあるため、自己責任でお願いします。

まとめ

というわけで、今回は「今更聞けない『32ビット版/64ビット版』の違い」について解説しました。

パソコンのOSの32ビット版と64ビット版は、それぞれ使用できるメモリ量やストレージ容量の上限、対応ドライバーなどに違いがあります。

参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました