金魚

屋外金魚の「夏の対策」

アイキャッチ画像

夏場の水温上昇は、金魚にとって危険な環境です。

室内水槽であれば冷却ファンや冷却クーラーを設置して下げるか、室内のエアコンで室内全体の室温を下げることで水槽の水温を下げることができますが、屋外飼育では室内の様に冷却ファンや冷却クーラーを設置できないため、水槽の水温を下げることは難しいからです。

ですから水温が上昇しないよう対策をしなければなりません。

また、夏は酸欠となり水質悪化となりますので水質についても対策が必要となります。

今回は「夏の水温上昇・水質悪化を防ぐ対策」について書いていきます。

水槽温度上昇を防ぐ方法

  • 水槽を涼しい所に設置する
  • 水草を多く入れる
  • すだれで日光を遮る

水槽を涼しい所に設置する

直射日光が当たる場所や照り返しがある場所を避け、風通しが良い場所に水槽を設置します。

水草を多く入れる

屋外の金魚水槽 

浮き草(ホテイソウ)などの水草は温度上昇を防ぐ効果がありますので夏は多めに入れるようにします。

ホテイソウは、株から細長い茎ができ、そこに子株ができて、その子株からさらに子株ができて、といった具合にどんどん繁殖して増えていきます。

春になったら1個100円程度ですので、購入するとよいでしょう。

すだれで日光を遮る

すだれを掛けた金魚の水槽

すだれは適度に光を通して、日光を遮るには最適です。風についても通すことはできます。

すだれを掛けた金魚の水槽

アーチ型支柱を取り付けてネットを掛けその上からすだれを掛けると風が通るようなります。

100均のアーチ型支柱とすだれ、ネットでも十分です。とにかく安くて、機能性抜群です。

絶対やってはいけないこと

  • 凍らしたベットボトルを浮べる、または氷を入れる
  • 一度に水換えをする

上記2つの間違ったやり方は、急激な温度変化や水質変化が金魚に悪影響を与えることになります。

スポンサーリンク

水質悪化を防ぐ方法

  • 投げ込み式フィルターを設置する
  • 水換え回数を増やす
  • 水槽サイズを大きいものにする

投げ込み式フィルターを設置する

投げ込み式フィルターを底砂に埋めて稼働している様子

投げ込み式フィルターはろ過と同時に酸欠を防ぐためのエアーレーションの対策も同時にできるのでおすすめです。

エアーレーションで水を循環させて滞留水の発生を防いでくれます。又気泡と水流などによって発生する気化熱による過昇温対策効果もあります。

水換え回数を増やす

屋内飼育ほど頻繁な水換は必要がありませんが特に投げ込み式フィルターなど設置していない場合は水質を確認しながら水換回数を増やす必要があります。

水換えの量については1/3~1/4をめやすに行う様にします。

水槽サイズを大きいものにする

小さい水槽は温度変化に左右されますので暑い夏を迎える前に大きめの水槽にすることで安定した水質を確保することができます。また急激な水温上昇も少なくなります。

まとめ

金魚も水温が上がりすぎると体調も悪くなりますので、しっかり夏の暑さ対策を行い、涼しげな金魚の泳ぐ姿を見て、夏の暑さを乗り切っていきましょう。

ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。