屋外金魚の飼育「ベアタンク」に変更

屋外金魚水槽を「ベアタンク」に引っ越ししましたので、ご紹介します。

引っ越し先は、ジャンボタライ120水槽で底砂を入れない「ベアタンク」

屋外金魚ベアタンク水槽

金魚の飼育も3年目となりました。

屋外金魚水槽には『水作 スリムエイトミニ』と『水作 ニューフラワーDX』を大磯砂に埋め込んで使用しています。

しかし、コメットも子供が生まれて3匹から5匹に増え、その子供たちも大きく成長した上、水槽が狭いこともあり、すぐ汚れるようになりました。

そこで、大きい水槽に引っ越しすることにしました。

ベアタンクとは?

ベアタンクとは、砂利や砂などの底床材が入っていない水槽のことです。

メリット

底砂がないため、エサの食べ残しやフンなどの掃除がしやすくなります。

デメリット

  • 食べ残しやフンなどの汚れが目立ってしまいます。
  • 底面フィルターやニューフラワーDXも砂に埋め込んでしまうため、使用できなくなります。
  • 砂利がないため、棲みつくバクテリアが少なくなってしまい、ろ過能力が減少して水が汚れやすくなります。
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

金魚飼育用の水槽はベアタンクに向いているよ!

「ろ過フィルター改造」で生物ろ過を強化

野菜収納ボックスに投げ込み式フィルターを入れたら大磯砂を入れ、野菜収納ボックスそのものを大きなろ過器として活用することで、ろ過能力の向上ができます。

▼ダイソー『野菜収納ボックス』

ダイソー『野菜収納ボックス』

投げ込み式フィルターのろ過材改造

GEX『ロカボーイ M』でろ過材改造

投げ込み式フィルターのろ過材は汚れにより目詰まりしやすいので、活性炭、不織布をリングろ過材、または砂利に取り替え生物ろ過専用にします。

投げ込み式フィルターなら、自分好みに改造しやすいです。

デメリットは、ウールがなくなるので細かなゴミを濾し取りにくくなります。

大粒の大磯砂を1cmぐらい敷詰めて、ロカボーイMを入れて大磯砂で埋め込みます。

野菜収納ボックスに投げ込み式フィルターを入れたら大磯砂を入れ、野菜収納ボックスそのものを大きなろ過器として活用します。

ろ過フィルターは2セット以上設置しよう

ろ過フィルターは2セット以上設置すると、メンテナンスするときに1セット毎できるので、水質の変化を抑えることができます。

※1台は、現在使用している投げ込み式ろ過フィルターを再使用します。

設置する場所がある場合

1週間前には新しい水槽を購入し、水道水を入れて準備します。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

金魚を新しい水槽に移動する前に、必ず水合わせしてね!

バケツの中の金魚
注意点

金魚を新しい水槽に移動した場合、移動当日のエサやりは行いません。

水槽の立ち上げを早くするためには

  • 生物ろ過が素早く機能するように、新しい水槽に元の水槽の水を入れます。
  • 元の水槽で使用していた投げ込み式ろ過フィルターを再使用します。

水槽が安定するまでの間について

口コミ用キャラクターアイコン

水槽の飼育水が安定するまでの間は、どうすればいいの?

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

新しく水槽を立ち上げた場合、水槽内のバクテリアが少ないため、飼育水が安定するまでの間は、エサやりなどの注意が必要だよ!

飼育水が安定するまでの注意点

  • エサの量は通常より少なめにします。
  • 生物ろ過が機能するまで、3日に1度程度水換えを行います。

まとめ

屋外金魚ベアタンク水槽

今回は「屋外金魚水槽を『ベアタンク』に変更」という記事でした。

飼育方法は色々試してみて、自分に合った飼い方、自分なりに楽しみましょう。

スポンサーリンク