アイキャッチ画像

「ブルームーン」という月をご存知ですか?「ブルームーン」と聞くと、青い月をイメージしがちですが、実際の意味は少し異なります。

今回は「ブルームーンの由来と1か月に2回満月が見られる理由」などについて解説していきます。

ブルームーンの由来

2020年マイクロブルームーン
2020年10月31日撮影。

ブルームーンは、以下の由来があります。

  • 青く見える月のこと
  • 数年に一度、1か月に2回見ることができる満月のこと

もともと「ブルームーン」は、火山の噴火や地球に落下した隕石の衝突などで発生したガスや塵によって、月が青く見える現象のことを指していました。このため、本来の青い月である「ブルームーン」は極めて稀でしか見ることができないため、「once in a blue moon」と呼ばれることもあります。

海外では1か月に2回月を見ると、幸せな気持ちになると言い伝えられており、そこから今でいう「ブルームーン」と呼ばれるようになったそうです。

ブルームーンはいつ見られる?

ブルームーンが見ることができる日は、以下の通りとなります。

  • 2023年:8月2日、31日
  • 2026年:5月2日、31日
  • 2029年:1月1日、30日

なぜ1か月に2回満月を見ることができるの?

1か月に2回満月が見ることができる理由についても解説します。

昔は、月の満ち欠けを基準とした「太陰暦」が主流だったため、新月を1か月の始まりと見立て、15日がちょうど満月に当たっていました。月は約29.5日で1周することから、1か月を29日または30日に構成していました。

しかし、太陽の通りを基準とした太陽暦(グレゴリオ暦)が主流になると、それによって太陽の周期が2月を除いて30日または31日に構成されるため、1か月の始まりに出る月の満ち欠けがバラバラになってしまいます。

このため、数年に1度、1か月に2回満月が出るようになったそうです。

その他の満月の名前

ブルームーン以外にも、以下のように満月の名前はたくさんあります。

1月:ウルフムーン

2月:スノームーン

3月:ワームムーン

4月:ピンクムーン

5月:フラワームーン

6月:ストロベリームーン

7月:バックムーン

8月:スタージョンムーン

9月:ハーベストムーン

10月:ハンターズムーン

11月:ビーバームーン

12月:コールドムーン

ブラッドムーン(皆既月食)

スーパームーン/マイクロムーン

まとめ

というわけで、今回は「ブルームーンの由来と1か月に2回満月が見られる理由」などについて解説しました。

本来、ブルームーンは青い月を指していましたが、現在では「数年に一度、1か月に2回満月が見ることができる」ということが由来になっています。

ぜひ、神秘な月(ブルームーン)を窓から眺めてはいかがでしょうか。

▼一眼レフカメラで満月をキレイに撮りたい!

スポンサーリンク