当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

当ブログ内の記事を探す

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

RSS

プロフィール

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

『リンレイ オールワックスワイパーEX』で簡単ワックス掛け!【ワックスを塗るコツも解説】

アイキャッチ画像
みきてぃ東西線

年末の時期になると、大掃除をしなくちゃいけないので大変ですよね。

特に、一番面倒なのが「床のワックス掛け」。

口コミ用キャラクターアイコン

布でワックス掛けするのがキツイ・・・。

口コミ用キャラクターアイコン

もっと楽にワックス掛けができる用具は無いの?

そこで、今回は立ったまま楽にワックス掛けができる『リンレイ オールワックスワイパーEX』をご紹介します。

『リンレイ オールワックスワイパーEX』とは

『リンレイ オールワックスワイパーEX』

『リンレイ オールワックスワイパーEX』とは、リンレイが販売している、モップ感覚でワックス掛けができる専用ワイパーです。

いつものモップ感覚で床にワックスを塗るので、面倒だった雑巾でワックス掛けよりも、立ったまま楽にワックス掛けすることができます。

『リンレイ オールワックスワイパーEX』のセット内容は以下の通りです。

『リンレイ オールワックスワイパーEX』セット内容
内容個数
ワイパーヘッド1個
パイプ
(ジョイント部分ボタン付き)
3個
グリップ1個
専用トレイ(透明)1個
専用シート3枚

組み立て方

▼パイプのラインとジョイント部のボタンに合わせながら差し込むだけ!

『リンレイ オールワックスワイパーEX』パーツ組み立て

全てのパイプとグリップ、ワイパーのヘッド部分を取り付けたら、組み立て完了です。

▼組み立てると、以下のようになります。

『リンレイ オールワックスワイパーEX』パーツ組み立て
Q
パーツを取り外すには?

ジョイント部分のボタンを押しながら、グリップ(パイプ部分、ワイパーのヘッド部分)を引き抜くことで、取り外すことができます。

『リンレイ オールワックスワイパーEX』パーツの取り外し方法

使い方

下準備

1.掃除機などで床に落ちたホコリやゴミなどを全て取り除きます。

2.『リンレイ オール床クリーナー』を含ませた布で、床の汚れや油分などをしっかりと拭き取ります。

布と手袋がかかった青いバケツと『リンレイ オール床クリーナー』

3.雑巾で2回以上水拭きしてから、よく乾かします。

手順

1.ワックスワイパー専用シートの凹凸面を下に向けて広げたら、ワイパーをシートの中央部分に置きます。

『リンレイ オールワックスワイパーEX』専用シート取り付け

2.専用シートをワイパーの4か所の差込口にしっかりと押し込み、シートを固定します。

『リンレイ オールワックスワイパーEX』専用シート取り付け完了

3.透明の専用トレイにワックスを入れます。

『リンレイ オールワックスワイパーEX』専用トレイ。トレイの中にワックスを入れます。
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

ワックスを入れ過ぎないように注意してね!

4.専用シートを付けたワックスワイパーを、ワックスを入れた専用トレイの中に入れ、シートにワックスが十分浸透するまで置きます。

『リンレイ オールワックスワイパーEX』専用トレイで専用シートにワックスを浸透させます。

5.ワイパーを軽く滑らせて、床面にワックスを塗ります。

フローリング床の場合は、板目に沿ってワイパーを滑らせておきましょう。

『リンレイ オールワックスワイパーEX』でワックス掛け フローリング床の場合は、板目に沿ってワイパーを滑らせます。

6.ワックス掛けしたら、床面を乾かして完了です。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

使い終わったシートは、必ずゴミ箱に捨ててね!
また、ワイパーと専用トレイを保管する際は、必ず水洗いしてからよく乾かしてね!

ワックス掛けのコツ

ワックスをキレイに掛けるコツは、

  • 天気の良い日にワックス掛けをする
  • 初めてのワックス掛けは2度塗りする
  • 部屋の入り口から遠い所からワックス掛けする

の3つです。

天気の良い日にワックス掛けをする

雨の日や湿度が高い日だと、床にワックスを塗ってもなかなか乾きません。

ですから、晴れた日にワックス掛けをすることで、床が早く乾きます。

初めてのワックス掛けは2度塗りする

初めて床にワックスを掛ける、もしくはワックスの効果がすぐに落ちてしまう、というような場合は、2回ワックス掛けをすることをオススメします。

部屋の入り口から遠い所からワックス掛けする

部屋の入口付近からワックス掛けすると、床が完全に乾いた時に足跡が付いてしまいます。

そのため、ワックスを掛ける際は、お部屋の入り口から遠い所からスタートすることで、キレイに塗ることができます。

まとめ

というわけで、今回は『リンレイ オールワックスワイパーEX』をご紹介しました。

『リンレイ オールワックスワイパーEX』では、いつものモップ掃除感覚で楽々にワックスを塗ることができるので、初めてのワックス掛けにも便利です。

ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

リンレイ「オールワックスワイパーEX」(外部サイト)

この記事を書いた人

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました