アイキャッチ画像

誕生日やクリスマス、その他3時のおやつなどでよく知られる「ショートケーキ」。

皆さんにとってのお馴染みのお菓子ですが、実は毎月22日が「ショートケーキの日」であることはご存じでしょうか?

今回は、「ショートケーキの日の由来」について、簡単に解説していきます。

由来

記事見出し画像

「ショートケーキの日」の由来については、以下の通りとなります。

  • カレンダーにて、22日の上(つまり先週)には15日であること。
  • その15日の15をカタカナに置き換えると「イチゴ」になる。
  • つまり、イチゴが載せてあることから、「ショートケーキの日」と呼ばれる。

この「ショートケーキの日」は、2007年に、かつて仙台にあった「カウベル」というケーキ屋さんが命名した、と言われています。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

意外な所から「ショートケーキの日」の由来になっているのか~!

ショートケーキの由来って何?

記事見出し画像

ちなみに、ショートケーキの本来の由来はご存じでしょうか?

実は、ショートケーキの「ショート」は「短い」という意味ではなく、「砕けやすい」という意味だったそうです。

もともと、ショートケーキはスコットランド生まれで、大きなクッキーに似たお菓子だったそうです。

現在のショートケーキとは少し違ったお菓子ですが、イチゴなどが飾っていることから「壊れやすい」ということは今も共通点として残っています。

22日にお得なキャンペーンも!?

また、ケーキ屋さんでお馴染みの「銀座コージーコーナー」では、毎月22日限定でショートケーキが10%割引になるキャンペーンも開催しています。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

22日にいちごのショートケーキがお得になるなんて、知らなかった・・・!(;・∀・)

まとめ

というわけで、今回は「ショートケーキの日の由来」について解説しました。

身近にあるカレンダーから、「ショートケーキの日」が由来していることはとても面白いと思いますね。この日は気分転換にショートケーキを食べて、ステキな日を過ごしてみてはいかがですか?(^_^)

スポンサーリンク