登山・ハイキング

お得な切符「休日お出かけパス」で、百蔵山と猿橋へ!

アイキャッチ画像

今回は、「『休日お出かけパス』で、百蔵山をお得にハイキング!」をご紹介します。

百蔵山とは?

百蔵山 山頂からの景色

百蔵山とは、山頂から富士山が美しく見える「秀麗富嶽十二景」に選ばれている山の1つです。

「日本三奇橋」のひとつとして有名な猿橋に登山の行き・帰りに訪れることができます。

百蔵山までのアクセス

JR中央本線 猿橋駅から「百蔵山登山口」バス停にて下車、バス停から登山道まで徒歩20分です。バス料金は150円です。

バスに乗らなくても「百蔵山登山口」バス停まで徒歩35分で着きます。

バスの本数が少ないので、時刻表をよく確認しましょう。

スポンサーリンク

百蔵山をお得にハイキング!

それでは、百蔵山をお得に節約する方法を書いていきます。

『休日お出かけパス』で電車の運賃を節約!

休日お出かけパス

今回は、猿橋駅までかかる電車の運賃を節約しました。一例として、東京駅から猿橋駅までの往復運賃を計算しています。

通常の往復運賃

  • 東京~猿橋:2980円

『休日お出かけパス』でいった場合

『休日お出かけパス』の1回分あたりの料金は2670円なので、これを計算すると・・・。

  • 東京~猿橋:通常の往復運賃より310円お得

千葉・埼玉方面の方さらにお得になります

  • 千葉~猿橋・熊谷~猿橋通常の往復運賃:4540円
  • 千葉~猿橋・熊谷~猿橋の通常の往復運賃より1870円お得

※2019年9月時点

つまり、普通の切符で往復するより、『休日お出かけパス』で往復する方がお得になります!

ICカードの場合は、『のんびりホリデーSuicaパス』がオススメです。こちらは磁気タイプの『休日お出かけパス』より、さらに50円お得になります。

休日お出かけパスとは?

「休日おでかけパス」は、東京近郊のJR線にフリーエリア限定で1日乗り放題となるフリーきっぷです。

2019年9月1日から、Suicaで使える『のんびりホリデーSuicaパス』が発売開始され、こちらは「休日おでかけパス」より50円お得になります。

百蔵山のルート

百蔵山のルートについて簡単に書いていきます。

百蔵山は西と東の2ルートがあります。今回は西から東に時計回りのコースで登山しました。

登山道はバス停から20分歩くと、立派な狛犬がある和田美術館前から始まります。

百蔵山 登山口

登山道はよく整備されていて初心者には歩きやすいです。

途中に1箇所展望が良いところがあります。

百蔵山 展望台からの景色

1時間と少しで稜線分岐点に着きます。

百蔵山 山道にある道標

そこから20分で山頂です。

百蔵山山頂

富士山の展望を期待した登山、晴天にもかかわらず、雲がかっていて展望なしで残念でした。(^_^;)

百蔵山 山頂からの景色

山頂はとても広く、多くの人がいてもゆっくり休息できます。

ベンチは1つしかありませんので、レジャーシートかお尻が痛くならない1人用マットがあると便利です。

登山・ハイキングに便利なグッズについてはコチラ

【便利な100均グッズの活用術!】登山・ハイキングで使えるグッズをご紹介!

下りは百蔵浄水場に下る東側コースを通りましたが、頂上直下は非常に急な道で、クサリが掛けてあり、約10分間は慎重にくだり、初心者の私には結構大変でした。

東コースは山道が滑りやすく、特に山頂付近は急坂になっていますので、手袋を着けた方が安心です。

帰りに知る人ぞ知る奇橋・甲斐の猿橋によりみち

猿橋と水道橋と赤い橋
↑画像をクリックで拡大

1番手前が日本三大奇矯「猿橋」です。

猿橋
猿橋

構造の奇妙さはもちろんのこと、橋から見える渓谷の眺めもなかなかです。ぜひ足をのばしてみてください。

2番目のコンクリートの怪しげな橋が?

八ツ沢発電所の第一号水路橋

橋の中にガンガン水が流れています。

正体は国の重要文化財である八ツ沢発電所の第一号水路橋でした。猿橋を見に行くまで存在はしりませんでした。こちらの橋も見どころがありました。

まとめ

JR中央線大月付近は、駅からハイキングコースが沢山あります。特にフリーエリアで千葉・埼玉方面のお住まいの方は「休日おでかけパス」がお得なので、土日祝のハイキングに利用してみてはいかがでしょうか?(*^_^*)

ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。
おすすめ記事