HTMLタグでリスト順を表示する方法
口コミ用キャラクターアイコン

HTMLでリスト項目を作成したいけど、どのタグを入れたらいいか分からない・・・。

HTMLでリストを作成する場合、定義の有無によって適切なHTMLタグが変わっていきます。

基本的なリスト項目

  • liタグ・・・リスト項目を表示
  • olタグ・・・順序のあるリストを表示
  • ulタグ・・・順序のないリストを表示

定義(説明)のあるリスト項目

  • dlタグ・・・定義(説明)のあるリストを表示
  • dtタグ・・・定義(説明)する内容を表示
  • ddタグ・・・その定義の用語を説明する時に表示する

今回は、「HTMLでリストを表示する方法」について解説します。

基本的なリスト項目をHTMLで作成する方法

HTMLで基本的なリストを作成する場合、以下のタグを使います。

  • liタグ
  • olタグ
  • ulタグ

liタグとは

<li>サンプルテキスト</li>

liタグとは、リスト項目をHTMLで表示するのに必要なタグです。

olタグに囲まれたliタグは、数字によるリストを表示します。また、value属性を使うことで、1以外の数値から順序を開始するリストを表示することもできます。

olタグとは

<ol><!--順序ありのリスト-->
<li>テキスト1</li>
<li>テキスト2</li>
<li>テキスト3</li>
</ol>

olタグとは、順序のあるリストを表示するためのタグです。

属性

  • reversed・・・順序を逆にします。
  • start・・・リストの開始番号を数字やアルファベットなどで指定します。
  • type・・・リストの番号表記を変更します。

ulタグとは

<ul><!--順序無しリスト-->
<li>テキスト1</li>
<li>テキスト2</li>
<li>テキスト3</li>
</ul>

ulタグとは、順序のないリストを表示するためのタグです。

サンプルコード

<p>▼順序無しリスト</p>
<ul><!--順序無しリスト-->
<li>犬</li>
<li>猫</li>
<li>ウサギ</li>
<li>ハムスター</li>
<li>フェレット</li>
</ul>
<p>▼順序ありのリスト</p>
<ol><!--順序ありのリスト-->
<li>犬</li>
<li>猫</li>
<li>ウサギ</li>
<li>ハムスター</li>
<li>フェレット</li>
</ol>

ブラウザでは以下のように表示されます(上部分が順序無しリスト、下部分が順序付リストです)。

HTML olタグ・ulタグ・liタグの使い方

定義(説明)のあるリストをHTMLで作成する

定義(説明)のあるリストを作成する場合は、以下のタグを使います。

  • dlタグ・・・定義(説明)のあるリストを表示
  • dtタグ・・・定義(説明)する内容を表示
  • ddタグ・・・その定義の用語を説明する時に表示する

サンプルコード

<dl>
<dt>主な果物</dt>
<dd>リンゴ</dd>
<dd>ミカン</dd>
<dd>バナナ</dd>
<dd>イチゴ</dd>
<dd>グレープフルーツ</dd>
</dl>

ブラウザで表示すると、以下の通りとなります。

HTML dlタグ・dtタグ・ddタグの使い方

まとめ

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

冒頭にも書いた通り、「基本的なリスト項目」と「定義(説明)のあるリスト項目」にて使われるHTMLタグは、それぞれ以下の通りだよ!

基本的なリスト項目

  • liタグ・・・リスト項目を表示
  • olタグ・・・順序のあるリストを表示
  • ulタグ・・・順序のないリストを表示

定義(説明)のあるリスト項目

  • dlタグ・・・定義(説明)のあるリストを表示
  • dtタグ・・・定義(説明)する内容を表示
  • ddタグ・・・その定義の用語を説明する時に表示する

というわけで、今回は「HTMLでリストを表示する方法」について解説しました。

同じリストでも、順序あり/なし、および定義(説明)の有無によって、必要なタグは変わっていきますので、適宜使い分けることをオススメします。

出典

小川裕子・加藤善規&できるシリーズ編集部『できるポケット HTML5&CSS3/2.1全事典』(インプレス)

スポンサーリンク