豆知識

【8月の満月】「スタージョンムーン」とは?由来や見頃を解説

アイキャッチ画像

突然ですが、8月の満月である「スタージョンムーン」とは何の意味なのかご存じでしょうか?日本ではあまりなじみのない言葉ですが、今回は「スタージョンムーンの由来と見頃」を解説していきます。

「スタージョンムーン」の由来と今年の見頃

  • アメリカの先住民が付けた満月の名前で、8月はチョウザメ漁が最盛期を迎えることからが由来
  • 見頃は、日没後の18時半から20時の間がきれいに見える

スタージョンムーンの由来

8月の満月 スタージョンムーン
2020年8月3日撮影。

「スタージョンムーン」の「スタージョン」は、チョウザメを意味しています。チョウザメは古代魚の仲間の1種で、高級食材であるキャビアとしても有名です。

「スタージョンムーン」の由来については、以下の2つとなります。

  • アメリカでは、8月にチョウザメ漁が最盛期を迎える時期に当たることから。
  • チョウザメは魚の王様に位置することであるから。

なお、表記については「スタージョンムーン」の他、「スタージオンムーン」「スタージェンムーン」と呼ばれることもあります。

スタージョンムーン以外の8月の満月の名前

8月の満月の名前は、スタージョンムーン以外にも以下の名前で呼ばれることがあります。

Green Corn Moon(青トウモロコシ月)

Grain Moon(穀物月)

Red Moon(赤月)

引用元:8月の満月(スタージオンムーン)はいつ?呼び方の意味や2020年の見える方向は? | KURONEKO NEWS

日本の旧暦では、8月は葉月と呼ばれ、木の葉が落ちる時期であることが由来となっています。

スポンサーリンク

2020年におけるスタージョンムーンの見頃

2020年のスタージョンムーンでは、以下の時期が見頃になる模様です。

  • 2020年のスタージョンムーンは、日没後の東から上がり始める
  • 深夜時間帯は、ほぼ南の方角で見ることができる

夜は満月を見ることができ、特に深夜時間帯は見頃になる模様です。

まとめ

というわけで、今回は「スタージョンムーンの由来と見頃」を解説しました。

「スタージョンムーン」は、アメリカ先住民が付けた満月の名前で、8月はチョウザメ漁が最盛期を迎える時期に当たるため、そう呼ばれているそうです。

ぜひ、自宅の窓から月をゆっくりと眺め、涼しい夏の夜と共に楽しんでくださいね。

ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。
おすすめ記事