豆知識

【6月の満月】「ストロベリームーン」とは?見頃と赤く見える理由もご紹介

アイキャッチ画像

「2020年6月5日~6日の明け方にかけて『ストロベリームーン』が見られる」とネットで話題になりましたが、「ストロベリームーン」の本来の由来はどういったものでしょうか?

今回は、6月の満月「ストロベリームーン」についてご紹介します。

「ストロベリームーン」の由来

「ストロベリームーン」と聞くと、ピンク色の月と連想するかと思われますが、本来はどのような由来だったのでしょうか?

アメリカの先住民は季節を把握するために各月の満月に名前をつけており、6月がいちごの収穫時期であったことから、6月の満月をストロベリームーンと呼んでいたと言われています。

引用元今夜は満月 ストロベリームーンの由来は? – ウェザーニュース

簡単に説明すると、

  • アメリカの先住民が6月のイチゴの収穫期をなぞらえて、6月の満月を「ストロベリームーン」と呼んだ

ということです。

最近はネットなどで「ストロベリームーン」が出たということが話題になっていますが、元々「ストロベリームーン」は、月の色ではなく各月の満月に呼ばれた名前だったそうです。

スポンサーリンク

実際に「ストロベリームーン」はどのように見えるのか?

先ほどの『「ストロベリームーン」の由来』項目で説明した通り、「ストロベリームーン」は月の色ではなく、6月の満月の呼称だったそうです。

では、実際に「ストロベリームーン」はどのように見えるのでしょうか。

夕日が赤く見えるように月の出間もない月は赤みがかって見えること、さらに今の時期は空気中の水蒸気が多いため、19時〜20時ごろの高度が低い月は少しピンク色っぽく見えるかもしれませんが、月が高くなるにつれていつものように白っぽく輝く満月になります。

引用元今夜は満月 ストロベリームーンの由来は? – ウェザーニュース

簡単に説明すると、

  • 月が出た直後は赤みがかって見える
  • 6月頃は空気中の水蒸気が多く含まれ、かつ19時~20時頃の月は高度の低い位置にあるため、月の色がピンク色に見えることがある
  • 時間が経過するにつれて月の位置が高くなり、やがていつもの白い満月になる

ということだそうです。

つまり、6月の満月の日に月が出た直後の19時~20時頃は水蒸気の影響で月の色がピンク色に見えることがある、ということです。

ストロベリームーン

上の画像は、2020年6月5日23時過ぎに自宅から撮影しました。ピンク色にはならなかったのが残念ですが、幸いにも天気は少し晴れていたので、綺麗に撮影できたかと思います。

まとめ

以上のことからまとめると、

  • 「ストロベリームーン」は月の色ではなく、アメリカの先住民が6月の満月の名前として呼んでいたこと
  • 「ストロベリームーン」は、6月の満月の日、月が出た直後の19時~20時頃にピンク色の月が見られる場合がある

ということです。

というわけで、今回は「ストロベリームーン」についてご紹介しました。色々と調べてみたら、「ストロベリームーン」は月の色ではなく、各月の満月の名称だったことを改めて感じました。ぜひ、晴れた夜は月をゆっくりと眺めてみてはいかがでしょうか?(^_^)

ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。
おすすめ記事