アイキャッチ画像

近年は、MacやiPhoneなどのApple製品において、高解像度のRetinaディスプレイが導入されていることはご存じですか?

今回は、「え?Retinaって何?」という方にも分かりやすく解説していきます。

Retinaディスプレイとは?

Retinaディスプレイは、Appleが開発している、従来のディスプレイの2倍サイズの高解像度で表示される画面のことを指します。Retinaとは、英語で「網膜」を意味します。

Retinaの画面で表示されている画像は、通常の2倍サイズの大きな画像で表示されているので、非Retinaの画面よりキレイに見ることができます。

Retinaディスプレイが搭載されているApple製品

Retinaディスプレイが搭載されているApple製品は、以下の通りとなります。

  • iPhone:iPhone4以降の製品
  • iPod touch:iPod touch4以降の製品
  • iPad:2012年3月以降に発売された製品
  • iPad mini:2013年10月以降に発売された製品
  • MacBook:2015年~2017年(現時点では最終モデル)に発売された製品
  • MacBook Pro:2012年後半以降に発売された13インチ型、および2012年6月以降に発売された15インチ型、2019年に発売された16インチ型の製品
  • MacBook Air:2018年以降に発売された製品
  • iMac:2014年以降に発売された27インチ型、および2015年以降に発売された21.5インチ型の製品
  • iMac Pro全製品

特にiPhoneは日本国内での利用率が非常に高いため、サイトやブログのRetina対応に頭を悩ませるデザイナーも少なくありません。

Retinaと非Retinaにおける画像の見比べ

実際に、Retinaディスプレイと、普通のディスプレイにおける画像の解像度に違いはあるのでしょうか。

試しに、以下の2枚の画像を用意してみました。

上は700px、下は1400pxの画像を700pxにリサイズしたもの。

金魚の画像700px
金魚の画像1400px

※iPhoneなどのスマートフォンから閲覧した場合は、小さくて違いが分かりづらいので、ご注意を。。。

Windowsパソコンからだと、2枚とも同じサイズの画像に見える。しかし、MacのRetinaディスプレイから見れば、あら不思議。

下の画像が、上の画像よりくっきりとキレイに表示されています。

そう、これがRetinaディスプレイにおける高解像度なのです。

補足:WindowsでもRetinaに相当する高解像度PCはあるの?

近年はWindowsでもRetinaディスプレイに相当する高解像度PCが登場しています。

代表的なものは『Surface Pro3』以降の「Surface Pro」シリーズ、および『Surface Book』辺りとなりますね。

ちなみに、余談ですが現時点(2020年10月)で愛用しているノートパソコンからサイトやブログを見ると、なぜか画像がRetinaディスプレイと同じように高解像度で表示されていることが判明。。。

ということは、Macのみならず、Windowsでも高解像度パソコン(特にノートパソコン辺り?)が増えるのでは・・・(個人の予想ですが)?

まとめ

というわけで、今回はRetinaディスプレイについて解説しました。

Retinaディスプレイは、通常のディスプレイより画像がくっきりとキレイな解像度で表示されるので、掲載する画像は通常の2倍サイズの画像が必要になっていきます。

次回は、サイトやブログをRetina対応化する方法について書いていきます。

スポンサーリンク