豆知識

備えあれば憂いなし!我が家の防災グッズ(在宅避難編)

アイキャッチ画像

地震や台風の発生時、指定された避難所へ避難するのですが、避難所での生活はどうしてもストレスになりがちです。

自宅やその周辺で、災害の被害が少なかった場合、自分や友人の家に「在宅避難」することによって、ストレスを軽減することができます。

しかし、在宅避難に備えるために、どのような防災グッズを準備すればいいか、とても悩みますよね。

そこで、今回は「在宅避難に備え、我が家で準備している防災グッズ」についてご紹介します。

在宅避難に備えて準備したい防災グッズ

見出し画像
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

我が家における、「在宅避難時に備える防災グッズ」は以下の通りだよ!

我が家の防災グッズリスト~在宅避難編~(参考)

  • 飲料水・食料品
  • 食品用ラップ・アルミホイル
  • 食器類
  • 卓上コンロ・ガスボンベ
  • ポリ容器
  • 鍋・やかん
  • 簡易トイレ
  • ティッシュ・トイレットペーパー・ウェットティッシュ
  • ビニール袋
  • 救急セット
  • マスク・体温計
  • 洗面用具
  • モバイルバッテリー
  • 懐中電灯
  • ラジオ
  • 乾電池・ボタン電池
  • 携帯用カイロ・冷却シート
  • 筆記用具
  • 工具(日曜大工もの)
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

一部の防災グッズは100円ショップでも揃えることができるよ。

飲料水・食料品

最低でも3日分、できれば7日以上食料品や飲料水を準備しておきましょう。

食料品はレトルト食品や缶詰のほか、キャンディーやチョコレートなど、すぐに食べられるものを両方用意しておきましょう。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

食料品や水は、なるべく「ローリングストック」で回した方がオススメだよ!

「ローリングストック」については、後ほど簡単に解説していくね!

食品用ラップ・アルミホイル

開封した食料品や食器を包んだり、皿の上に敷いたりなどで必要になります。

食器類

できれば、割り箸や紙皿など、使い捨ての食器がオススメです。

普段使っている食器を使う場合は、皿の上にラップを敷いて使うと、皿を洗わずに済みます。

卓上コンロ・ガスボンベ

ガスが復旧するまでの間、料理などで使うのに必要になります。

予備のガスボンベは、なるべく1か月分は用意しておくと安心です。

ポリ容器

水の配給時に必要になります。

鍋・やかん

料理やお湯を沸かすのに必要になります。

日頃から夜に水を入れておくことで、災害発生時に飲料水として使うことができます。

簡易トイレ

断水時に必要になります。

最低でも7日分、できれば1か月分用意しておくと安心です。

ティッシュ・トイレットペーパー・ウェットティッシュ

ティッシュ、トイレットペーパーは、必ず水で流せるものを使用します。

ウェットティッシュは、アルコール有・無のものを両方揃えておきましょう。

ビニール袋

ゴミ入れや、簡易トイレに必要になります。また、黒いビニール袋をペットボトルに覆い、日の当たる場所に置いておけば、お湯を作ることができます。

救急セット

ケガなどの応急処置に必要になります。

マスク・体温計

感染症対策のため、常にマスクや体温計は常備しておきましょう。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

電子式体温計の場合、予備のボタン電池を準備しておくのも忘れないでね!

洗面用具

歯ブラシ・タオル・石鹸は用意しておくと、感染症対策にもなります。

モバイルバッテリー

携帯電話やスマートフォン、携帯ラジオの充電に必要なものです。

防災グッズ 携帯バッテリー

ソーラーパネル式のものであれば、停電時でも安心です。

懐中電灯

停電から復旧するまでの間、夜の明かりを灯すために必要です。

ラジオ

防災グッズ 携帯充電式ラジオ

災害情報を聞くために必要になります。手回し充電ができる携帯ラジオは用意しておきましょう。

乾電池・ボタン電池

懐中電灯やラジオの電池切れに備え、予備の電池は必ず備えておきます。

電子式体温計の場合、予備のボタン電池も準備しておきましょう。

携帯用カイロ・冷却シート

携帯用カイロは、冬に災害が発生した場合、夜間の厳しい寒さに備えて用意しておくと安心です。

冷却シートは、夏に災害発生した場合の暑さ対策に備えて準備しておきましょう。

いずれも、最低でも1か月分は準備します。

筆記用具

自分や家族の安否確認や、伝言などを書くために、メモ帳やノート、ボールペンなどがあると便利です。

工具(日曜大工もの)

災害発生後、自宅周辺の応急処置をするために、工具があると便利です。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

その他に、着替え用の衣類や毛布なども準備しておけば安心だよ。

スポンサーリンク

備蓄時のポイント

食料品や飲料水はローリングストックで

古い食料品や飲料水は、普段の食事として使い、使った分だけ同じものを買い足せば、非常食における食品ロスを減らすことができます。

また、賞味期限・消費期限のチェックにもなり、買いすぎを防ぐこともできます。

すぐに取り出せる場所に保管する

在宅避難用の防災グッズは、すぐに分かるような場所に保管しておくと安心です。

例えば、食料品や卓上コンロは台所の棚、飲料水やポリ容器、簡易トイレ、寝具は和室の押入れにしまうなど、家族全員が分かる場所に収納しておきます。

そうすることで、いざという時に防災グッズがそれぞれどこにしまったか分かります。

まとめ

というわけで、今回は「在宅避難に備え、我が家で準備している防災グッズ」について解説しました。

在宅避難用の防災グッズは、普段からの準備が大切です。日頃から防災グッズを備えつつ、食料品などのローリングストックをしっかりとして、在宅避難に備える癖を付けていきましょう!

今回の記事が参考になればと思います。

ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。
おすすめ記事