アイキャッチ画像

今回は、『南伊豆フリー乗車券』と『青春18きっぷ』の違いをくらべてみました。南伊豆へのお出かけの時に参考になれば幸いです。

南伊豆フリー乗車券
南伊豆フリー乗車券。フリーエリア内では駅員、またはバスの乗務員に「帰りの切符」を提示するだけで使うことができます。
青春18きっぷ
青春18きっぷ

比較した内容

今回は以下の内容で『南伊豆フリー乗車券』『青春18きっぷ』を比較してみました。

  • 値段
  • 利用できる期間
  • 有効期間
  • 1枚ごとに別々に使えるか
  • 当日購入した切符をその場で使えるか
  • フリーエリア
  • 普通列車のグリーン車・指定席に追加料金で乗れるか
  • 特急や新幹線に料金を追加して乗車できるか
  • JR以外の路線のフリーエリア
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

それでは、1つひとつ見ていくよ~

値段

南伊豆フリー乗車券

東京都区内:大人6270円、子供3130円

横浜市内:大人5950円、子供2970円

小田原:大人4490円、子供2240円


青春18きっぷ

5口ひとまとめで12050円、1口2410円(子供料金なし)

※2020年8月現在

『南伊豆フリー乗車券』は東京都内の駅、横浜市内の駅、小田原駅からの購入によって販売価格が変わってきます。

『青春18きっぷ』年齢制限がないため、子供料金はありません。

利用できる期間

  • 南伊豆フリー乗車券:2021年3月31日まで
  • 青春18きっぷ:春3/1~4/10、夏7/20~9/10、冬12/10~1/10

『青春18きっぷ』では期間が固定されています。

有効期間

  • 南伊豆フリー乗車券:1枚で1人1日
  • 青春18きっぷ:1口で1人1日

1枚ごとに別々に使えるか

  • 南伊豆フリー乗車券:使える
  • 青春18きっぷ:使えない。グループで使うときは同一行程が条件

『南伊豆フリー乗車券』では1人1枚で使うことができますが、『青春18きっぷ』では5回分で1枚になっているため、別々に使うことはできません。1枚で最大5人まで使うことはできますが、グループで使う場合は同一の行程で入ることが必要になります。

当日購入した切符をその場で使えるか

  • 南伊豆フリー乗車券:使えない。利用日の前日までに購入が条件
  • 青春18きっぷ:使える

『南伊豆フリー乗車券』当日販売はしていませんので、利用日の前日まで購入する必要があります。

フリーエリア

  • 南伊豆フリー乗車券:伊豆急行線・東海バスの一部路線
  • 青春18きっぷ:全国にあるJRの普通路線と、一部第3セクターに通過特例

普通列車のグリーン車・指定席に追加料金で乗れるか

  • 南伊豆フリー乗車券:グリーン車の自由席と指定席、普通車指定席、いずれも可能
  • 青春18きっぷ:グリーン車の自由席と普通車指定席は可能。グリーン車指定席は不可

『南伊豆フリー乗車券』は指定席グリーン車にも乗車できますが、『青春18きっぷ』では指定席グリーン車に乗車することはできません。

それ以外の自由席グリーン車と普通車指定席は、どちらでも乗車できます。

特急や新幹線に料金を追加して乗車できるか

  • 南伊豆フリー乗車券:フリーエリア内までの往復間、かつ東海道線経由であれば、特急や新幹線を含め、どの席でも組み合せが可能。ただし、東海道新幹線は、東京~品川区間、かつ東京都区内発のみに限る
  • 青春18きっぷ:一部例外はあるが、自由席に料金がかかる列車は基本的に不可

JR以外の路線のフリーエリア

  • 南伊豆フリー乗車券:伊豆急行線・東海バスの一部路線
  • 青春18きっぷ:なし。ただし、第3セクターの一部路線について、途中下車せず通過するだけなら乗車できる特例がある

『青春18きっぷ』では基本的にJRの普通路線のみとなっているので、私鉄では使えません。ただし、一部の第3セクター路線については通過のみ特例で乗車できます。

『南伊豆フリー乗車券』と『青春18きっぷ』の比較表

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

全ての比較を以下の表にまとめてみたよ!

 南伊豆フリー乗車券青春18きっぷ
値段
  • 東京都区内:大人6270円、子供3130円
  • 横浜市内:大人5950円、子供2970円
  • 小田原:大人4490円、子供2240円
5口ひとまとめで12050円、1口2410円(子供料金なし)
利用できる期間
  • 2020年3月31日まで
  • 春:3/1~4/10
  • 夏:7/20~9/10
  • 冬:12/10~1/10
有効期間1枚で1人1日1口で1人1日
1枚ごとに別々に使えるか使える使えない
当日購入した切符をその場で使えるか使えない使える
フリーエリア
  • 伊豆急行線
  • 東海バスの一部路線
  • 全国にあるJRの普通路線
  • 一部第3セクターに通過特例
普通列車のグリーン車・指定席に追加料金で乗れるかグリーン車の自由席と指定席、普通車指定席、いずれも可能グリーン車の自由席と普通車指定席は可能。グリーン車指定席は不可
特急や新幹線に料金を追加して乗車できるかフリーエリア内までの往復間、かつ東海道線経由であれば、特急や新幹線でもOK(東海道新幹線は、都区内発の東京~品川区間のみ)自由席に料金がかかる列車は基本的に不可(一部例外あり)
JR以外の路線のフリーエリア
  • 伊豆急行線
  • 東海バスの一部路線
なし(第3セクターの一部路線について、途中下車せず通過するだけなら乗車できる特例あり)

まとめ

というわけで、今回は「『南伊豆フリー乗車券』と『青春18きっぷ』の違い」をまとめていきました。

私の場合はハイキングでよく利用していますが、時期や場所に応じてフリー乗車券を使い分けています。また、『青春18きっぷ』は5回利用となるので、すべて使わなければ割高となってしまいます。

ですから、無駄がないように金券ショップを利用することもあります。

『青春18きっぷ』『南伊豆フリー乗車券』では利用できる範囲やルールが全く違うので、用途に合わせて使い分けることをおすすめします。

スポンサーリンク